眠りにつくとき、 手が寒いと感じる事ありませんか?
手の冷えを感じる人は、 体の表面温度が低いので 深部の熱が表面に移動し ずらい状態になり寝つき が悪くなりがちに。 そんな方は入眠時に手が 冷えないように温める事 が大切です。
眠りに大切な深部体温とは?

人は『深部体温』が下がると、眠りにつきやすくなると言われています。

 

このカラダの内側の脳や内臓などの『深部の体温』を下げて眠りを深くしていきます。

 

深部体温を下げるには、体の内部の熱を手足や皮膚の表面に逃していく必要があります。

冷えを感じやすい人は末端からの放熱がうまくいかず、睡眠に大切な深部体温が下がりにくいので、眠りが浅くなりやすいと言われています。

そんな人は足を温めてあげると表面温度があがり、眠りにつきやすくなるそうです。

睡眠時におススメの手袋は?

深部体温をさげるよう熱を

放出しやすい指先オープン

で薄手の仕様がおススメ

体の温度をさげるため、

汗(湿気)を多くかくので吸放湿性が高く肌にやさしい素材がおススメです。

冷えを感じやすい手首を

しっかりカバーし締め付

けの少ない仕様

※睡眠中はコップ一杯の汗(湿気)

をかくと言われます。

そんな人におススメの睡眠用手袋、 それが『手肌にやさしいハンドウォーマー』です。
こだわりポイント!

1

肌側シルク・外側コットン仕様

吸放湿性が高いと言われるシルクが肌側、吸水性が高いといわれる綿が外側仕様なので睡眠中の寝汗(湿気)を吸いやすく、汗による寝冷え対策にも。

2

汗(湿気)やムレを放出しやすい薄手の指きりタイプ

手先から熱や汗(湿気)を放出しやすい指切り仕様。冷えを感じやすい睡眠時の手をやさしくつつみ温めます。薄手でもまるでもう一の肌をまとうようなやさしいつけ心地のハンドウォーマー。

3

縫い目がなくゴロつかない睡眠に最適仕様

無縫製の編み機ホールガーメント®をつかい編立てたので手の形に沿いやさしくフィットする立体縫製。

ハンドウォーマーの生地仕様
外側コットン

毛羽が少なくさらりと

なめらかな綿のコーマ糸

肌側シルク

光沢があり肌ざわりが

なめらかなシルク絹紡糸

薄手タイプのハンドウォーマー

手首をやさしく包む

ソフトフィットなつけ心地

指は第一関節が隠れる長め丈

~寝る前にゆっくり本を

呼んでリラックス~

指先が空いているので

ページもめくりやすい

指先が空いているので

コップも滑りにくく

持ちやすい

ハンドクリーム

を塗って保湿ケアにも!

手首は長め丈で冷えを感じやすい

部分を温めます。ソフトフィットし

寝ている時もズレにくい

手肌にやさしいハンドウォーマー 手首まで長め丈設計で、パジャマの袖口と重なり手首までしっかり温めます。本を読んだり、ものを取りやすい指先オープン仕様。(外側綿・肌側シルク仕様)

2,420円(税込)

お買い上げはこちら

Copyright © 2022 Sunayama Socks Co., Ltd. All Rights Reserved.

砂山靴下株式会社 〒124-0022 東京都葛飾区奥戸6-27-5 お客様専用FreeDial:0120-117-469(いいなシルク)